のぼりを効果的に使うなら設置方法を工夫しよう

作ったのぼりを効果的に使うためには、設置方法にも工夫をした方が良いでしょう。

お店の前にのぼりを立てる時にちょっと工夫をすれば効果が上がること間違いなしです。

実際に効果が上がっている使い方とはどんな方法でしょう。

★並べる間隔が大事

ただ単にのぼりを並べればいいというものではありません。

のぼりを並べる間隔がとても大事なのです。

あまりにも隣とくっついていてもだめですし、離れすぎていてもだめなのです。

密集したのぼりはお店を隠すことになりますし、圧迫感も感じますよね。

理想的な間隔は、一間(いっけん)だと言われています。

一間は1m80cmで、この間隔で並べると車に乗っていても、歩いていてものぼりの内容が認識できるのです。

★のぼりの配色も大事

並べるのぼりの配色も大事で、その配色によって生み出す効果も違ってきます。

例えば全く同じ種類ののぼりを並べたら統一感があって品の良さを感じます。

専門店であることを強調したい時に向いています。

のぼりの内容が違っても、色が同じものを並べると遠目では上品さを感じ、近くではバラエティーが豊かなお店なのだなと感じることができます。

複数並べたのぼりの中で、1本だけ違う色ののぼりを立てれば、それだけを強調できます。

おすすめメニューをそれにすると効果的です。

その他、お店の立地条件や駐車場の場所などによって配置を考え、替えていくと良い効果が期待できますよ。

のぼりを作るだけでなく、設置方法についても考えるのは楽しいですね。

コメントは受け付けていません。