集客効果のあるのぼりを作る時のポイント

のぼりはあまりお金をかけずに集客が期待できるものだと言われています。

確かに、看板を作って掲示するよりも安くできますよね。

オリジナルののぼりにすれば、集客効果のあるのぼりが作れそうですよ。

集客効果のあるのぼりを作るポイントを調べてみました。

★シンプルかつ具体的な言葉を選ぶ

私は30代の主婦ですが、現在近所のカフェでランチの時間だけ働いています。

今回、お店ののぼりを作り替えるそうで、そのお手伝いもさせていただくことになりました。

のぼりで宣伝するなら、シンプルな言葉がやはり良いのではと思います。

お客さんに何を知らせたいのか、注目して欲しいことは何かを考え、シンプルかつ具体的な言葉を表すと良いでしょう。

例えば「焼きたてパン」とか「手打ちうどん」などです。

この言葉だけでセールスポイントがわかりますよね。

★オリジナリティのある言葉をチョイス

のぼりを設置しているお店は多く、デザインがどうしても同じ業種と似てしまいますよね。

そんな時に差をつけるのがオリジナリティのある言葉です。

のぼりにちょっと言葉を加えるだけで他のお店と差が出て効果を出すでしょう。

例えば「ふんわりもちもち」や「厳選素材」などです。

また、オリジナルのキャッチコピーをつけてもお客さんの注意をひくので効果的です。

★抽象的な表現は避けよう

表現の仕方にも工夫が必要です。

抽象的な表現は避け、具体的な言葉でアピールをしましょう。

「新鮮な海の幸」よりも「海の幸をたっぷり使った海鮮丼」の方が良いですよね。

これらのことを頭に入れてオリジナルののぼりを作りましょう。